太もも 内側 黒ずみ

モデルの肌は綺麗なのに、なぜ自分の肌は黒ずんでいるの?

【太ももの内側に黒ずみ・・・フツー?】
このような質問が届いています。

 

 

回答からいえば「フツー」です。脚の付け根の黒ずみの濃さには個人差アリ。

 

原因は下着によるゴムの締め付け、何かしらの摩擦が考えれます(肥満型の方に多い)

 

 

もしくはアトピー体質のため手でかいてしまう。汗もができやすい体質からきているかもしれません。肌の黒ずみ自体はフツーなのでそのままでもok!

 

でも。。。

 

見た目がよくありませんので、綺麗にケアしたい女性も多いでしょう。

 

 

太ももの内側だと程度によりますがビキニを着ると黒ずみが目立ってしまう可能性もでてききますよね。あとは勝負下着もビミョーなカンジになってきます。

 

 

下着、洋服との摩擦を回避するにはショーツを綿にカラダを洗う時にも麻の物を使用する。ただし、これ以上状態を悪くしないための対策です。

 

 

 

 

 

太ももの内側(付け根)の黒ずみは、女性にとって悩みの種だったりします。下着モデルの女性の肌って綺麗ですよね。それと較べて自分の皮膚は。。。

 

 

男性とエッチするときに、脚をひろげますよね? 男性から見て女性の内ももの黒ずみはとても目立つと言われています。なので多くの女性は、「どうしたら黒ずみはなおるの?」と悩んでいるわけです。

 

エッチだけではありません。水着姿でも内ももの黒ずみは、気になる部分なんですよね。がんばってダイエットして痩せても、皮膚が汚いとビキニは無理かな???とあきらめてしまう人もいるんです。

 

 

どうしたら黒ずみはなおるの?

 

まずボディーソープでこすっても黒ずみは綺麗になりません。ふだんの洗い方に問題があったわけではありません。強くこすろうが、優しく洗おうが汚れは薄くなることはありません。というより「強くこすると逆に汚くなる」こともあるので注意してください。

 

 

体型がぽっちゃりぎみの人は「股ズレ」の影響が大きいです。

 

歩くと付け根の皮膚がすれてしまうんですよね。でも細い人でも内ももは黒ずみます。それは汗やムレ、自転車に乗った時の下着とサドルとの摩擦。いろいろ原因はあります。なので黒ずみをなおすのに加えて、これ以上悪化させないケアも視野にいれないといけません。

 

 

黒ずみの予防と改善の両方を対策には、洗うのではなく保湿が有効です。太ももの内側の他に、裏側、お尻、ショーツライン〜これらの部位は摩擦と乾燥、そしてムレという美肌にとって最悪最強の環境ですから。

 

顔に使用する化粧水やニベアの青缶では歯が立ちません。角質ケアして皮膚を柔らかくしながら保湿成分を浸透させないといけません!

 

そこでオススメなのがピーチローズという皮膚の厚いお尻でも保湿できるジェルです。

 

お尻ニキビやデリケートゾーンの黒ずみ

に。美尻専用トータルケアジェルです。

 

 



 

 

朝と夜にジェルを塗るだけで違ってきます。股ズレが気になる女性は、朝夜に加えて、お昼ごろにもトイレで塗ってあげると、摩擦のダメージを回復させてあげることができます。

 

 

実際に使ってみた感想などを動画で確認できます。

 

 

 

公式サイトにも書かれてありますが、ピーチローズはお尻の他にビキニラインなどのデリケートゾーン、太ももに使っても大丈夫です

 

ピーチローズ公式サイト

 

 

特に皮膚がかたくなっている女性はジェルを念入りに塗ると効果があります。肌が硬くなるのはダメージが蓄積しているからです。角質ケア効果で肌を柔らかくして、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進させてあげると、しだいに皮膚はきれいになっていきます♪